離婚の意義と法的手続きのガイド

PAGE

離婚の法律を知っておきましょう。

現代は、3組に一組の夫婦が離婚をしていると言われています。お互いに話し合って、協議離婚をする場合は離婚理由は人それぞれです。夫婦のどちらかが離婚に応じない場合は、離婚をするための正当な理由が必要になってきます。離婚に応じてくれない場合は、家庭裁判所で調停の申し立てを行う必要があります。夫婦のどちらかと3年以上音信がなく、生死が確認できない場合は離婚をすることが出来ます。また、配偶者のどちらかが強度の精神病になり、回復の見込みがない場合は正当な理由になるので、離婚をすることが出来るようになっています。

配偶者に不貞行為があった場合は、慰謝料を請求したり、親権で有利に立つことができるようになっています。不倫をしている場合は、決定的な証拠をつきとめておく必要があります。弁護士の事務所は、相談は無料になっている場合が多いので、有利に離婚を進めるために、アドバイスを受けることが大切です。まずは電話で相談をしてから、店頭に行って不安や悩みを相談するようにして下さい。不貞の事実を配偶者が隠している場合は、現場をつきとめておく必要があります。結婚をする時よりも、離婚は精神的な面で辛いことが多くなっています。

正当な金額の慰謝料を請求することが出来るように、信頼できる弁護士にアドバイスを受けることができます。きちんと離婚を成立させることが出来れば、新しい生活を再びスタートさせることが出来るようになります。