離婚の意義と法的手続きのガイド

PAGE

両親が離婚した女の子の映画

私は映画を見るのがとても好きです。日本の映画から海外の映画、アニメーション映画やドキュメント映画、なんでも幅広く好んでいます。特に好きなのは某スタジオの作品です。そこの有名監督が引退をしてしまうというニュースを聞いた時はとても残念でした。もっともっとその監督の作るアニメーションを見たかったからです。そんな私がとても小さい時に見に行って今でも何と無く覚えている作品があります。親子の物語で、ハートフルな構成になっていてわけもわからず泣いてしまった記憶があります。主人公の女の子は、両親が離婚してしまい母親に引き取られる、そんな状況で話がどんどん進んで行き、最終的に母親と子供との硬い絆を確認しあってこれからも強く生きて行こうというオチでした。

私は母親も父親もいます。しかし映画の女の子は両親が離婚してしまっているので父親が存在していません。というか一緒には暮らしていませんでした。そんな状況が私とは別の世界に存在しているということに私はとても恐怖心を抱いたのでしょうか、ハッピーエンドという結果にもかかわらず、映画が終わって外に出てからとてもないてしまって母親が私の頭を撫でてくれたのをよく覚えています。その映画のタイトルをどうしても思い出すことができないので、もう一度みようと思ってと見ることができません。何とか見つけ出したいのですが、インターネットで検索をかけたり友達に聞いたりしてもなかなかたどり着くことができないのがとても残念です。

お役立ち情報