離婚の意義と法的手続きのガイド

PAGE
離婚の意義と法的手続きのガイド

離婚の意義と基本的な行い方

離婚の意義は、両性に関する婚姻関係を解除する手続きです。法においては、両性の合意で規定の書類を市役所に提出をして、それまでに一緒に生活をしていた夫婦の戸籍を別々に分けます。婚姻関係の解除の書類が受理されて、夫婦に関する一方の戸籍が除かれれば、離婚は成立する仕組みとなっています。ある意味では法的の手続きであるので、手続きに必要なものを揃えておく必要があります。手続きに必要なものは、婚姻の解除に合意した人と証人が必要で、自筆による著名と押印のある規定の届出の用紙です。規定の書類に著名する場合に、籍を離れる事を合意している事が当たり前です。両性の合意に関して、単純に結婚における生活を終わられるばかりではなくて、両性が共に生活していた中で蓄えてきたお金や家などの共有の財産の分け方を話し合って、子供がいた場合に子供の親権者や養育費などについての話し合いも行っていかなければならないのです。これまでの生活に関するトラブルがなくて清算ができれば、難しくない手続きです。

お互いに円満に離婚するためには、お互いに感情になっていがみ合わない事が大切です。様々なトラブルで修羅場に変化しないような話し合いが必要です。修羅場になってしまうと、その分だけ多くのお金や労力がかかることになります。話し合いに関しては、一度両者がこじれると修復が困難になる可能性が高いために、感情に流されてお互いを非難しあうようになったら、第三者を介入しての解決を検討していく事が重要です。仲介に関しては、両性に関するお互いの状況をよく理解していて、仲介に信頼の置ける人物が適任ですが、基本的には信頼のある弁護士の仲介に関する介入や裁判所などの調停による解決の方法があります。籍を離れる際に両性のうちの片方が応じない場合は相手を納得させる必要があります。ただし、一方的な理由を全面的に出したら説得力が欠けるので、優先するべきことは相手を納得させる事です。

お役立ち情報